バルセロナから電車で40分!ヨーロッパで大人気のリゾード地・シッチェスへおでかけしよう

世界中から観光客を集め、日本人もたくさん訪れるバルセロナ。

そんなバルセロナの近郊には、海辺のリゾートとして有名な町がいくつもあります。その代表格が、電車で40分ほどで行けるシッチェス。

小さな町ですが、秋には大きな映画祭が開かれるなど、スペインではとても有名です。

バルセロナから電車で一本、簡単に行ける綺麗な町だったので、ご紹介します!

105-20

シッチェスへ行こう!

バルセロナのPasseig de Gracia(パッセージ・デ・グラシア)駅、Estació de França(エスタシオ・デ・フランサ)駅、またはEstació Sants(エスタシオ・サンツ)駅からの電車に乗って一本で到着です。乗る電車さえ間違わなければ簡単です。だいたい30分〜40分くらい。

乗るのは、おなじみの赤いマークのメトロではなく、オレンジに白抜きのRが描かれたバルセロナの近郊線Rodalies(ロダリエス)。

105-2

濃い緑のR2sudに乗ります。たまに途中のCastelldefels(カステルデフェルツ)で止まってしまう電車もあるのでお気をつけください。多くがSan Vicenç(サン・ビセンス)行きです。

黄緑は空港に行ってしまうR2nord。Estació de Françは関係ありませんが、サンツ駅とグラシア駅からは同じ線路を使うのでお気をつけて。

105-1

画像引用:http://www.renfe.com/viajeros/cercanias/planos/barcelona.html

シッチェスはバルセロナから見てゾーン4に位置します。どの駅から乗っても料金は4.1ユーロで変わりません。券売機は駅名を選択して購入するタイプで、シッチェスはSitgesと書きます

時刻表はこちらから→

グラシア駅から行く場合は、一番線(Via 1)から。

サンツ駅から行く場合は9番線か10番線(Via 9/10)から乗ります。どちらかは直前までわからないので電光掲示板に注目です。

Rodaliesはたいてい時間に正確に動いているので、時計を眺めているのもいいと思います。

かなり海の際を走るので、進行方向に対して左手の窓際(二階建て電車だったら二階)がおすすめです!

105-3

シッチェスは小さくて少し白い町

到着したら白い小さな駅舎を出て、そのまま海側へまっすぐ行ってください。メインの大通りJesus(ヘスス)通りにぶつかります。

その前に、駅を出て左手の観光案内所で地図をもらうのも良いかもしれません。

町にはいくつかモデルニスモ建築の建物があり、通りの真ん中の時計塔がかわいいです。

105-4

白い壁と青のコントラストが綺麗です。

105-5

中世の町めいた場所も。

105-6

町の象徴、サン・バウトロメウ教会。

105-7

世界最大のラム酒ブランド、バカルディ社の創始者がシッチェス出身なのでミュージアムとバーが。

105-8

徒歩で歩き回っても1時間もかからない小さな町で、あとは海辺でのんびりするのが良いでしょう。

これぞ地中海のリゾート!

105-11

美術館が面白い

シッチェスにはいくつか美術館があり、その一つ、カウ・フェラット美術館がとても素敵でした。ここは地元で有名な画家、Santiago Rusiñolサンティアゴ・ルシニョル氏のコレクションを展示しているもので、美術館というか博物館のようです。

105-9

ごちゃごちゃした感じが最高。

105-10

二階も最高。

収蔵品の中にはピカソの絵も。フラメンコや闘牛など、スペインらしい風景のものでした。

少し驚いたのが、日本から輸入したらしい大名行列図。なんか見覚えのある光景だなーと思って近づいてみたら、やっぱり!

105-12

チケットは隣のマリセル美術館とセットで10ユーロ

マリセル美術館にはシッチェスの風景を描いた絵画などが展示されています。正直言うと、カウ・フェラット美術館が好みすぎてこちらは印象が薄いです。

海の目の前、サン・バウトロメウ教会の裏手にあります。

105-13

美味しいご飯が食べられます

海辺の町なので、魚介類がおすすめです。観光地価格なのでちょっとお高めですが、ぜひ海辺のレストランで。

パエリアももちろん…

105-14

調理法を選べる魚介レストランもあります。

105-15

バルセロナと同様、ピンチョスが流行中なので、ピンショスバルがたくさんあります。観光客が多いので、小さな町の割におしゃれで入りやすそうなバルが多いのが嬉しいです。

105-16

実はゲイの町

そしてこのシッチェス、実はゲイの町としても有名です。毎年6月には大きなゲイプライドも開かれています。

2017年の公式サイト→

今年は6月の12日に行われました。行きたかった…

町もそれを意識してか、レインボーがちらほら見られます。

お土産もレインボー。

105-17

お店にもレインボー。

105-18

町では同性カップルもちらほら手をつないで歩いていたり、とっても開放的な雰囲気でいい感じ。

105-19

何もない町ですが、のんびりと地中海の夏を楽しむには最適の町です。時間があれば、海辺で本でも読みながら一週間くらい滞在したくなります。

夏は人が多くなるから、少し人の減った秋か、冬も良いですね。

どちらにせよ、バルセロナからはたったの40分・往復8ユーロですので、半日でも、日帰りでも、ぜひ訪れてみてください。

それではまた。

フォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です