韓国旅行は食い倒れの旅。美味しかった釜山グルメをまとめます

韓国旅行記最終回です。三日間ほどとか最初に言っていましたね、そういえば。わたくしちょっっっとだけ、反省しております。

こんにちは。nao@suiheilineです!

さて、今回が最終回なので、韓国食い倒れ旅のまとめです。釜山にも、おいしいもの変わったものいっぱいありました。

が、食べるのに夢中で値段やらお店やらの記録が全くありません。ごめんなさい。

お食事編

本場の冷麺

1個目で何やってんだって感じですが、写真を撮るのを忘れるほど美味でござりました…

私は冷麺っていままでインスタントのしか食べたことなくて、「冷麺ってゴムみたいで硬いし噛みきれないし何がおいしいかさっぱり分からない」とずっと思っていたんですが、おいしい食べ物だったことを初めて知りました。

韓国の冷麺は本当にゴムみたいにかたいからハサミないと食べられないよというアドバイスをいただいたこともあるので一概には言えませんが、麺細めでちょっと灰色っぽい釜山の冷麺は超美味しかったです。

刺身

54-5

港町釜山にいったら、ぜひ新鮮な刺身を食しましょう。詳しくはこちらもどうぞ。

釜山の刺身を体験!韓国と日本の食事の違いを感じたかも
私はこの旅行で初めて知ったんですが、韓国でもお刺身って昔から食べるそうです!刺身って日本独自の食べ物かと勝手に思っていました。

とりあえず肉

58-1

韓国!焼肉!とはいいますが、やっぱり美味しかったです。骨のついたやつを食べるときはお店の方で手袋を貸してくれたりして、さすが本場は進んでるなーと思いました。

ノーマルでもピリピリするような辛さだったので、とりあえずマイルドを注文することをお勧めします。韓国人のノーマルはやっぱり辛いです。

副菜で出てきた野菜も美味しかった。食べ放題の副菜です。

58-2

こういうのは肉と一緒に葉っぱで巻いて食べたり、一緒に頼んだ冷麺や鍋があればそれに入れて食べても良いそうです。そのまま食べてももちろんおいしいけど。

食べ歩き編

水晶餅

58-3

正確に覚えてないのですが、確かこんな名前だったと思います。甘川洞文化村の道端にお店がありました。名前の通り、水晶のように透明なお餅にソースやら何やらがかかっています。

お餅は無色透明なオリジナルの他に、チェリーやオレンジなどがありました。そちらはカラフルです。水まんじゅうみたいな感じでしょうか。

私が食べたのはオリジナルに、チョコソースときな粉(ナッツ?)がかかっています。お餅がさっぱりしているので、チョコソースがかかってる割には甘ったるくない感じ。見た目が綺麗です。

3000ウォン(300円)くらいだったような。

ホットック?

58-4

西面の町歩き中に見つけたもの。

ハングルの読み方がわからないので定かではないんですが、おいしいよと教えて貰ったホットックってこれだと思うんです。英語ではseed pancakeという名前だそうです。

生地に砂糖やナッツを乗せて、丁寧に揚げます。カリカリしててもちもちで、ナッツ類の香ばしいにおいも最高です。

こちらのお店には三種類くらいのメニューがありました。

58-5

その場で揚げてくれたのを食べられたので、少し待ったけどそれも良かったです。揚げたて超おいしかった。もう一度たべたい…

1000ウォン(100円)。安い。

バラのアイス

58-6

釜山随一ののショッピングエリア、国際市場の中にあったお店。バラのお花のように丁寧に作ってくれます。かわいい。

味は何種類もあるんですが、そこから3種類を選んでお花にしてくれます。ただ、可愛くするためには色を中心に考えなければいけません。

食べたい味で決めると地味だったり毒々しかったり、微妙なお花に…!

58-7

私はお店の見本のままの組み合わせにしました。ストロベリー・ヨーグルト・チョコレートです。ぜんぶストロベリーでも可愛いと思います。

おでん?

58-8

こちらも国際市場の中にあったもの。おでんーと言っていたので、おでんを揚げたものだと思います。

魚のすり身でできた生地の中に、エビやチーズ、カレーといった具が入っています。作りたては熱々でこれもなかなか。

58-9

お店のお姉さんは同僚に買ってきてもらったジュース片手に仕事してました。これ日本だったらあんまり見られないラフな光景だなあと思いますが、私はこういうゆるい感じすごく好きです。

たしか2000ウォン(200円)。

お持ち帰り編

スーパーで買ったヨーグルト

58-10

残念なことにブランド名すら判別出来ません。私はこれ買った時、シリアルと牛乳がパック詰めされたやつだと思ったのですが、左側はヨーグルトでした。

そのヨーグルトにチョコレートのかかったシリアルを投入して一緒に食べます。こういう時のヨーグルトって普通は甘くないヨーグルトなんじゃないかと思うのですが、こちらは普通にお砂糖の入ったものでした。

砂糖入りのヨーグルトにチョコレートのかかったシリアル。もう甘々って感じですが、不思議とはまっていました。

レインボーケーキ

58-11

西面にあるMOLLE(モルレ)というお店の、インパクトがすごいロールケーキ。ネットで見かけて、絶対に行こうと決めていたお店です。

お店ではレインボーなホールケーキもあります。カットで購入することもできるらしいです。カフェも併設していて、夜の20時すぎに行ったんですがかなり繁盛している模様。

58-12

味は推して知るべし…見た目で勝負です。クリームは甘ったるくなくて軽い感じです。ただ、生地がちょっと厚いかな。

58-13

見れば見るほどすごい。12000ウォン(1200円)。

釜山は美味しい物でいっぱい。よくわからない物もいろいろ食べましたが、全部食べられたし、そのほとんどが美味しかった。でも心残りもある。また行くよ、釜山。

さて、長々とおつきあいいただきありがとうございました。韓国の旅編、これにて終了。

次回からはスペイン学生ビザ取得への道をお送りする予定です。

それではまた!

フォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です