より印象深い旅にするために、ミッション旅のススメ。台湾旅行の結果を報告します

旅をする時、私がいままでもなんとなーくやっていたのは、旅のテーマやミッションを設定しておくこと。

こんにちは、先週でダブルワークを終了したnao@suiheilineです。ちょっと余裕ができてきました。

私ね、旅行の時「これをやる!」「ここに行く!」ってリスト化してそれを潰していくのって好きなんですよ。なんだか達成感あるし。

そこで6月の台湾旅行では初めて、かっちりとミッションを定めて旅をしてきました。

旅にテーマとミッションを設定してみよう

あれやりたい、ここいいかも…!ネットの旅行情報を見ていると、そんなことばかり思い浮かびます。でも、旅行から帰って「あ、あれやろうと思ってたんだった…」「あれ食べたかったんだった…」と思い出すことはありませんか?

文字にして書くことでそういうやり忘れを防ぐことができます。

またやりたいことを意識しておくことで、実際に体験した時に、思い描いていたことと違ったり、想像以上によかったりがっかりしたり、思い出深くなること請け合いです。

ということで、私は旅に出る時にテーマとミッションを設定するのが好きです。楽しいですよ!

台湾の旅のテーマとミッションは…!

本当は始発の電車に乗ってローカル線で成田に向かいながらゆっくり考える予定だったのですが、始発を逃したおかげでそんな暇はなくなってしまい、結局は日暮里からのスカイライナーの中で考えました。

①テーマ

今回の旅のテーマは、「うまいもんと老街を巡る、電車とバスで行く台北郊外都市の旅」でした!

実は台北は2回目の私。前回の3泊4日で台北101も九份も十分も、中正記念堂も士林夜市も故宮博物館も訪問済みなのであります。

そこで今回考えたのは、「台北だけじゃない、近くの都市に足を伸ばしてみよう!」ということ。

そして、私の大好きな古い街を歩いて美味しいものを食べて…しかも交通手段はこれまた大好きな電車とバスを使って…!やりたいことやるぞーな旅にすることを決意したのでした。

②ミッション

大まかなテーマが決まったので、細かいことを付け足していきます。

その1、憧れのマンゴーかき氷を食べる

前回は初冬でマンゴーの時期じゃなかったんですよね。一年通してマンゴーかき氷はたべれるんでしょうけど、やっぱり旬の時期に食べたい!と思うのが人間ってもんです。

ちなみに前回もかき氷は食べたんですよね。ピーナッツ味も、それはそれで美味しかった…

その2、母へのプレゼントで茶器のセットを購入する

前回は家族旅行だったので母も一緒でした。母は最初から茶器のセットを欲しがっていたのですが、デザインや値段を見て決められず、結局購入できずじまい。

最終日に「やっぱり高くても買えばよかった」と言っていたのを忘れられなかったので、今回の母へのお土産は茶器のセットに決定。

母の日もプレゼントとかしてなかったしちょうどいいよね

その3、現地で人気のある日本食レストランに行く

海外日本食研究シリーズを今回もやるぞと思っていたので、これは外せないですね。せっかく現地にいる人にも会えるんだし、いい感じの日本食レストラン教えてもらおうっと。

その4、台北から行ける魚市場を見学する

海外の市場大好きなので。台湾は釜山よりも南で珍しい魚もいそう!

ただ有名な市場はもっと南の方にあるみたいなので、規模が小さくても台北から行けるところで探しました。

その5、夜市の怪しげな寿司の屋台に立ち寄る

前回来た時、士林夜市見かけた現地人による寿司の屋台。見慣れない感じのもあって大変気になったので、今回見かけたら絶対に食べたい。

思えばそのときは、海外で日本食なんて考えてもいなかったな…

その6、台湾の在来線(台湾鉄路)、在来線特急、新幹線(台湾高速鉄道)に乗る

日本ではごく軽度の乗り鉄(乗るのが好きな鉄道マニア)な私。去年の夏は青春18きっぷでローカルな旅を繰り返したものです。

やっぱり電車の旅ってゆったりしていいと思うんですよ。台湾も車窓を楽しみながら旅がしたかったんです。

その7、台湾ファッションに挑戦する

荷物を極限まで減らして旅がしたかったので、今回は衣類も最小限にしてみました(下着・ストッキングのみ持参)。せっかくなので現地でショッピングをするのも楽しいかも!

その8、台湾小吃を堪能する

前回も夜市で食べまくりの旅ではあったんですが、でもやっぱり心残りが。具体的に言うと麺線を食べてみたくて…

小吃とは「軽食」を意味する言葉だそうです。台湾では屋台とかで食べれるものを指すのかなあと思っています。

その9、擂茶と客家料理を試して見る

台湾の旅行情報を見ていたら気になって仕方なくなってしまった北埔という町。擂茶という独特のお茶も気になるところ。

その10、朝市で朝食を食べる

実をいうと、わたしの家族は朝にはあまり強くありません。朝市も行きたいね!とは言っていましたが、結局行かず…今度こそ!!

その11、海外SIMを試す

せっかくSIMフリー携帯なのだから、ネットを見ながら快適に旅をしたい!

これ本当は3月の韓国旅行でやりたかったんですけど、釜山の空港ではSIMカードを購入するところが見つからなくて、今回は絶対に試そうと思っていました。

こんな記事もあるから、桃園空港でSIMカードが手に入るのはわかっているのです…!

結果を報告します!

途中までTwitterで報告してたのですが、途中で辞めちゃったのでここで大発表します。

その1、憧れのマンゴーかき氷を食べる

食べました!!

美味しかったー。とろけるようなマンゴーの食感・甘さ、そしてふわっふわの氷!!!

日本では二人くらいで行けそうな大皿で出てきたんですけど、一人でもヨユーでした。もう一回食べに行きたいです…

行ってきたのは隻連駅徒歩5分の冰讃!おなじみな前原さんの記事読んでから、ここに行くしかない!!!とずっと思っていました。

期待通りの美味しさでした!

67-1

→達成!

その2、母へのプレゼントで茶器のセットを購入する

入手しました!

デザインには悩んだのですが、私の思う古典的な台湾っぽい柄を選んでみました。かわいい!と喜んでもらえたのでよかったです。お土産のお茶と一緒に楽しんでくれることでしょう。

ちなみにこれは旅行先でも使えるものらしく、なかなか立派な収納ポーチも付いていました。台湾のお茶文化の豊かさを感じますね!

67-4

→達成!

その3、現地で人気のある日本食レストランに行く

ゆっくりお店に入って食事をする時間がなかった…残念ながら行けませんでした。これも全て楽しすぎたオフ会のせいです…

はるばる日本から、台湾のブロガーオフ会に参加しました!(レポート、もといただの日記) デジタルは世界をつなげてくれるものなんだ
二泊三日のバケーションです。いわゆるバカシオネス(スペイン語)。三日間ではバケーションと言わないよ、と何度言われようとも、私にとってはバケー...

→未達成

その4、台北から行ける魚市場を見学する

台北よりバスで40分ほどの都市、基隆の碧砂漁港を観光してきました!

南の市場はなかなか面白かったです。が、自分の知識のなさを痛感するばかりなのでした…。

詳しくはまた書きますね!

67-2

→達成!

その5、夜市の怪しげな寿司の屋台に立ち寄る

最初は二泊三日のうち、最初の晩に大きな夜市に行こうと思っていたんですよ。オフ会は一次会で失礼して…なんて考えて。

甘かった。相当に甘かった。オフ会、12時間コースでしたから!

二日目はマンゴーかき氷の冰讃に行く関係上、隻連駅近くの寧夏夜市に行きましたが、そこは美味しい店は多くても規模は小さめ。寿司の屋台を見つけることはできませんでした。

代わりにコンビニの寿司セットを買って食べてみたけれど、試したかったのはこれじゃないんだよ!

67-3

→未達成

その6、台湾の在来線(台湾鉄路)、在来線特急、新幹線(台湾高速鉄道)に乗る

台湾の鉄道制覇だぜ!と意気込んだものの、在来線の特急には乗ることはできませんでした。乗れたのは在来線の普通列車と、台湾高速鉄道と、そして台湾のローカル線である平渓線のみ。

それにしても、やっぱり電車の旅は良いですね。台湾はちょっと電車に乗るとすぐにのどかな風景が広がるのが新鮮です。

67-5

→3分の2達成

67-6

ちなみに台湾高速鉄道の切符を買うときに1000元札を入れたら、お釣りが全て50元硬貨で返って来ました。

硬貨のチャリンチャリンという音が止まらず困惑し、そして財布も重くなるという面白い体験をしました。

その7、台湾ファッションに挑戦する

最初は服とか雑貨も取り扱っているような大きい夜市に行こうと思っていたのでそこで買うつもりでした。ですがそれも行けなかったし、立ち寄ることができたお店にもそんなにいい感じのがなく。

結局シャツは手洗いして三日とも同じ服装でした。

→未達成

その8、台湾小吃を堪能する

食べてきました!!

食べたかった麺線、美味しそうな炒米粉、ふわふわぶにぶにした謎の肉圓、マンゴータルト…

美味しいものばっかりでした。麺線はちょっと苦手な青い葉っぱの匂いがしたけど、それでも美味しかったし、注文してから揚げてくれる揚げ物も超美味しかったし。

でも、もっと食べてみたいものはたくさんあった…けれどお腹がいっぱいになってしまうのです…こんなとき、もう一人いればと思わざるを得ません。

67-8

→達成!でもまだ足りない…

その9、擂茶と客家料理を試して見る

北埔の昔風な町並みを探索後、擂茶を飲んできました。いろんな木の実が入っていて、優しい甘さが美味しかったです。

この木の実をすり潰すところから作る体験のできるお店もあったのですが、だいたい二人くらいからOKという感じだったので残念ながら私はできませんでした。

67-7

客家料理については、朝食代わりに電車の中で食べた駅弁がかなりガッツリで、お腹が空かなくて諦めたのでした。

でも台湾の駅弁も美味しかったですよ…台鉄弁当。

67-11

→半分達成

その10、朝市で朝食を食べる

三日目の朝は早くから移動することが決まっていました。だから二日目の朝に行こうと思っていたのですが。

67-10

こんなことを夜中まで楽しんでいたおかげで、翌日は起きたら昼の12時。当然朝市なんて行けるわけもなかったのでした。

→未達成

その11、海外SIMを試す

桃園空港に到着後、すぐに通信会社のカウンターを探しました。最初に見つかったのは中華電信というところでした。

そこには日本語の話せるスタッフの女の子(安達祐実っぽい童顔・かわいい)がいて、「ためしてみますねー」(声もかわいい)とカードを入れたりしてくれました。

が、繋がらない。

何度か試してはくれたものの、結局ダメで、女の子も「なんででしょうねー」と困り顔。最終的にポケットWi-Fiを勧めてくれたのですが、それじゃ意味がないのよ…

超親切で優しかったので断るのも申し訳なかったのですが、泣く泣くもう一軒の台湾大哥大へ。

そのカウンターのお姉さんは愛想のかけらもなかったけれど、ネットはあっさりつながりました。設定も全部やってくれたので私は受け取るだけ。楽々です。

ネットがつながると心強いですね!地図も見られるので便利でした。

67-9

→達成!

というわけで、11個のミッションのうち、完全に達成できたのは5個ということになりました!

思ったより少なかったけれど、あんまりそれに縛られすぎてもね。残りは、また次の楽しみにすればいいんです。まだまだ行ってみたいところ・食べてみたいものがたくさんあるんですよね!

今度は北じゃなくて南の方にも行ってみたいなあ。

それではまた!

フォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です