【番外編】魚をさばくにも練習練習。大好きな片瀬漁港で魚を買ってきた

魚の捌き方を勉強としても、それは継続して練習しなければ一切身につきません。たくさん練習するためにも、少しでも安く買えたら嬉しいですよね。

こんにちは、自分の不器用さにがっかりしまくりのnao@suiheilineです。

最近は学校のことばかり書いていますが、今日は番外編。私の休日の過ごし方をご紹介します。

私は現在中野区のシェアハウスで暮らしていますが、毎週末実家に戻っています。理由は簡単、魚を捌く練習がしたいから。やっぱり食べてくれる人がいるのはありがたいです。

私の実家近くには片瀬漁港という漁港があって、そこで毎週魚を購入しています。その片瀬漁港、いいところがいっぱいあるんです。楽しいですよ!

片瀬漁港に行ってみよう

私の実家は藤沢市、ついでにいうと海まで歩いて20分ほどのところにあります。相模湾は豊かな漁場であり、当然、漁港もあります。私の家に一番近いのが片瀬漁港です。

片瀬漁港では、週5日9:00〜12:00(無くなり次第終了)、その日の朝に水揚げされた魚介類の直売所が開催されています。これが、超いいんですよ!

下記サイトで毎日、どんな魚が水揚げされたか知ることができます。メルマガもやってます。

よく上がるのはサバとアジ。

立地がめっちゃ良い

何が良いって、まずは立地です。

漁港って不便なところにありそうなイメージがあるのですが、片瀬漁港は小田急の片瀬江ノ島駅の目と鼻の先、徒歩5分の距離にあります。

なんと片瀬漁港は電車で行けちゃうんです。

ついでに言うと、ちゃんと自転車や車を停めるところもあるので、遠方の人にも優しいのです。日曜日でもそんなに遅くない時間だったらちゃんと駐車できますよ。

詳しい場所はこちらでご確認ください。

絶対に早めに行きましょう

43-1

片瀬漁港の直売所はあまり大きくないので、直売所で扱われる魚の量もそんなに多くはありません。そのため、休日は特に早めに行かないと良い魚が買えないので、お気をつけください。

私は毎週日曜日に行っていますが、だいたい8:20あたりに到着するとそこそこ良い場所に並べると思います。20番目くらいには入りたいですね。

直売所の入り口にクーラーボックスを並べておけば、その場を離れても許されるというローカルルールがあるので、何かしら持ってくると良いかも。

周辺もいいかんじ

43-2

クーラーボックスを並べたら、付近を歩いてみてください。天気が良いととっても気持ち良いですよ。

なんてったってここは神奈川県有数の観光地。富士山も見えるし、反対側には江ノ島。浜辺を散歩したり、漁港の裏で網の片付けをしている船を眺めるのも良いでしょう。

43-3

直売が始まる前に、並べている魚を見に行くこともできます。直売所のシャッターは二つあるのですが、手前側が直売所の入り口、奥側は空いているので奥側から進入できます。

入っても怒られたりはしないので、今日はこれを買おうかなーなんて考えておいても良いですね。

直売所の風景

9:00になったら手前側のシャッターも開いて、直売の始まりです。買い物用の青い大きな籠を貸してもらえるので、それを受け取っていざ参戦です。

常連さんも多く、お気に入りをごっそり攫うお店の人らしき人も見られます。遠慮しているとどんどんなくなるので頑張りましょう。私も苦手ですが、とにかく前へ!

直売されている魚には、

43-4

穴子やカレイがあったり、

43-5

たまにアンコウまで。

43-6

私は籠盛りになっているいろいろな魚が好き。たしかに一匹一匹は小さいんだけど、これぜんぶで200円って…!!

お願いすると、買った後に下処理もしてくれるので、さばくのが苦手な人・アラの処分がめんどくさい人にもオススメです。漁師さんが使い込んだ出刃包丁でズバズバ切り分けてくれます。こういうの、ずっと見ていられます。

今日の我が家の収穫はこんな感じ!

44-7

最高に新鮮

通常スーパーで買ったりする魚というのは、市場を通したり仲買さんを通したりしているので、どうしてもお客さんが購入するまでには時間(ついでにお金も)かかってしまいます。

その点、片瀬漁港は獲れたものを漁師さんたちが販売してくれるものなので、漁師さん→お客さんと、直接やり取りをしています。余計な手が入らない分だけ、超新鮮です。当然ですが、相模湾で獲れた天然もの。

魚も目を見ればわかるんです。

43-8

澄んでます。

不便なところも好きだよ

片瀬漁港の直売所は、少しの魚を地元の人(たぶん観光には向いてない)に販売しているというスタイルのため、いろんなところがちょっと大雑把です。

いくつか例を挙げてみますね。

ゴマサバとマサバ

お腹が真っ白なのがマサバ、ここに黒い斑点が付いているのがゴマサバです。両方で価格が変わってくるはずなのですが、ここでは同じサバとして扱われていて、同じ価格で販売されています。

サバはたいていの場合100グラム50円。

43-9

上の腹が真っ白なのがマサバ、下の腹に斑点が付いているのがゴマサバ。新鮮だから、斑点がきちんと見えるんです。

よく見て選べば、ちょっと値段の高いマサバが同価格で手に入ります。ラッキー。

アジと豆アジ

サイズによって金額が変わる魚もありますが、そのサイズというのは、たぶん選別した漁師さんの主観です。

なので、一番大きな豆アジを厳選したとしても、お会計をしてくれた方が「このサイズは豆アジじゃないな」と判断すると普通のアジの価格になってしまいます。

まあわざわざそんな野暮なことを口にする人はいませんが。私はそういうゆるいところも好きです。

今日の我が家のお買い物

43-10

  • サバ 2匹
  • ヤリイカ 1匹
  • イシダイ(シマダイ) 3匹
  • 太刀魚 1匹
  • めかぶ 1袋

これだけ買って2400円。

レシートがこちらです。(上に書いた順になっています)

43-11

今回はヤリイカ(100グラム180円)やイシダイと太刀魚(100グラム100円)、めかぶ(400円)があるのでちょっとかかりましたが、鯵やサバだけだと、たくさん買って600円とか普通にあります。

こいつらをどうにかして、

43-12

ヤリイカと太刀魚は昼に刺身で一部食べて。

そして夜はお誕生日メニューに。

43-13

  • スパイシーイシダイロール(本来はマグロを使用)
  • カリフォルニアロール
  • フィラデルフィアロール
  • ドラゴンロール
  • ヤリイカの煮付け
  • 太刀魚のムニエル
  • シメサバの刺身
  • サバの棒寿司

この日は家族の誕生日だったので特別に裏巻きを4種類作っちゃいました。目新しいので大変喜ばれました。よかった。

こんな感じに、お休みの日にもできるだけ練習しようと頑張っています。今日はいろいろ買いましたが、鯵とサバだけで10匹くらい買ったこともあります。魚好きの家族で助かりました。

練習すれば、ちゃんと上手になるし手早くできるようになります。最初は、やっても全然うまくならないじゃんと思っていたのですが、最近ようやく進歩してきたなと実感できるようになりました。

三枚下ろしもちょっと綺麗に下ろせるようになってきた気がするし、かかる時間が少なくなってきた気も。

これからも練習練習。残り少ない学生生活もがんばっていきましょう!

フォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です