東京シェアハウスの探しかた ③【日程・私の場合編】

さて、先日はシェアハウスを探す上で考えておいたほうが良いと思ったポイントを整理してみました。で、考えるべき点はわかったけど、結局いつごろから探せばいいんでしょう?

こんにちは、シェアハウスでの生活が上手くいっているようないないようなnao@suiheilineです。

私は明確に入居日を決めていたので、それに付き合ってくれる会社を探していました。あまり早すぎても駄目そうだし、遅すぎると見つからなかった場合が怖すぎるし…悩みどころですよね。

私の場合は、こんなスケジュールで家を決めました。参考になれば幸いです。

36

まずは入居日の目安を決めましょう

何日から学校があるから、会社があるから、時間が取れるから…いろいろ理由があると思いますが、いつごろから住みたいのかによって今後のスケジュールが変わっていきます。まずはこれを決めるところから。

「◯月ごろ」などと曖昧にするより、はっきり「◯月◯日から」と明言しておいたほうがいいかもしれません。動き方の予想ができますし、相手方もそれに合わせて連絡をくれますからね。

私の場合 1月10日

私は1月9日まで仕事をしていて1月11日から学校が始まるので、自然と入居日が決定しました。

一ヶ月前〜 物件探し

もちろんある程度の条件を考えておくのは大切です。しかしあまりいろいろな物件を見すぎるのも考えもの。下手に理想の物件なんかを見つけてしまうと、いざ探すときに見劣りしてしまいます。その理想の物件がそのときまで空いているとも限りません。

ついでにいうと、申し込むのが早すぎると断られてしまったり、予約料を支払わなければならない場合もあるようです。

なので、本当に探すときまで、見なくて良いかもしれません。私はかなり早い段階からいろいろ見ていたのですが、途中でそれに気づいて自制しました。

探すのは早くても一ヶ月ほど前からで良いでしょう。

私の場合 12月1日〜

一ヶ月前〜 問い合わせ

いい感じの物件を見つけたらその部屋が本当に空いているか、また今から申し込みをして大丈夫か確かめます。シェアハウスを探すサイトには問い合わせボタンが必ずあるので、そこからやってみましょう。

私の場合 12月5日〜

私は12月のはじめに、1月10日入居という条件で問い合わせをしました。一ヶ月も先なので断られたり予約料を求められる事を覚悟していましたが、実際そのようなことはなく、以下の二パターンを提示されました。

①入居日を月初の1日に設定し、一ヶ月分の家賃と共益費を払うこと

②実際の入居日ではなく契約日(入居日の数日前)を入居日として、その日から日割りの家賃と共益費を支払うこと

どちらにしろ実際に住まない期間も家賃を支払わないので無駄と言えば無駄ですが、取り置いていただくので、多少のことは眼をつむるべきでしょう。むしろ以外と安くてよかったと思っています。

3週間前〜2週間前 内覧

問い合わせをしてみて感触がよければ、ぜひ実際にシェアハウスを訪れてみましょう。周囲の環境や実際の広さ、なによりシェアハウス内の雰囲気(特にルールが遵守されているか)は、実際に行かないとわかりません。ついでにわからない点もしっかり確認してきましょう。

写真が古い場合や情報が間違っていることもありますし、あまりホームページの内容は当てにしないほうがいいと思います。実際に会社の人と会って確認したほうがいいです。

その際、「◯日までに決定して必ず連絡します」と取り決めておくと、安心してやりとりができます。会社のほうも何日まで待てばいいのか困らなくて済みますし、こちらもその日までは空けておいて貰えるという安心感が生まれます。

また、絶対に完璧な物件というのは存在しない(特にシェアハウスは他人も住んでいる)ので、「あの点が駄目この点が駄目」と減点していくよりは、「気に入らない点もあるけど、あれはいいかも、これもまあまあ」と加点方式にしていくことをお勧めします。

私の場合 12月6日〜12月27日

最後の物件を見に行ったのは12月27日でした。ギリッギリまで考えていたようです。

2週間前 申し込み

借りる部屋が決まったら、申し込みをします。メールで行う場合がほとんどです。「こちらに決めました」と送ると、必要事項を入力して返信する場合、またPDFで書類が送られてくる場合もあります。いろいろです。

私の場合 12月27日夜〜2016年1月5日

私は最後の物件の内覧を終えてから、結局は最初から良いかも?と思っていた物件に申し込みをしました。そのメールの翌日に返信がありましたが、年を跨いだのでゆっくりしていたら催促のメールがあり、1月5日に慌てて返信をしました。

私の場合、求められた最低限の情報(氏名・生年月日・住所・勤務先・緊急連絡先など)に、身分証の写真(写メでOKだった)を添えて送信し、これでおしまい。

10分も掛からずに完成。こんなに手軽で良いんだーと思わず感心しました。それなのに待たせてごめんなさい。

4日前 初期費用の振り込み

申し込みが終わったら、初期費用を先払いします。初期費用には当月分の家賃と共益費・デポジットが含まれます。なので通常の月の家賃よりはちょっと高いです。

私の場合 1月6日

思ったよりも当月分の家賃が安く計算されていたので、通常の家賃+2万円ほどでした。

3日前 契約

現地にて契約を確認し、契約書に署名・捺印します。また、同時に入居時のルールも細かく教えてもらえます。

契約を終えたら鍵をお借りして、その日から部屋を使うことができます。

私の場合 1月7日

当日は何も持ってこなくて大丈夫ですよと言われましたが、契約だし印鑑が必要なんじゃないかと勝手に思って持っていきました。やっぱり必要でした。何も言われなくても印鑑は持っていくといいかもしれません。

当日 入居

最初決められた入居日になりました。部屋に荷物を運び込んで生活が始まります。

誰かに手伝ってもらう可能性もあると思いますが、第三者の立ち入りにはルールが設けられている物件もあるので、一応確認してから始めましょう。

私の場合 1月10日

私は最初、スーツケースと重いリュックを背負って一人で行う予定でしたが、ありがたいことに急遽車で送ってもらえることになりました。

短期の予定なのでできるだけ新しい買い物を減らそうとした結果、かなり荷物が多くなってしまいました。海外移住時はあちらで揃えるので、もっともっと荷物は減らせる予定です。のはず。

まとめ

私はかなり余裕を持って部屋を探し始めたはずなのに、最後は超ギリギリのスケジュールですね!自分でも驚きです。

部屋さえあれば、審査とか契約とか入れて最短3日あればどうにかなりそうな気さえします。でもやっぱり、明確に何日までに入居というのがあれば、早めに決まっていた方が精神衛生上はいいです。

学校でも、入学式の時点でまだ住む場所決まってないっていう人いましたしね。大変そうでした。

シェアハウスを探す日程としては、こんな感じ。いいお部屋が見つかりますように!

それではまた。

フォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です