マドリッドからバスで二時間。中世の街並みが残るサラマンカってどんなところ?

バルセロナへの引っ越しの日が近づいてきました。サラマンカに滞在できるのもあと一週間足らず…という事で、今週は頑張って半年間の思い出の詰まったサラマンカを紹介していきます。

もっと有名になっても良いと思うんですよね!

99-1

そもそもサラマンカって?

サラマンカは、スペイン・スティージャ・イ・レオン州の地方都市です。マドリッドからは214kmの地点、バス(Avanza社)や電車(Renfe)を使って1時間〜2時間、ルートによっては3時間ほどのあたり。

人口は15万人ほど。大きすぎず小さすぎず、サイズとしてはちょうど良い、とても住み良い町です。

町の外はちょっと行くと見渡す限りの畑。基本的に茶色の大地が広がります。慣れてしまえば、この茶色く乾いた風景がスペイン中央部らしい景色だなと感じます。

99-3

夏は日差しが強いので暑いですが、湿度が低く乾燥しているため、冷房がなくてもそれほど辛くはありません。また、夏はほとんど晴れているので、これぞスペイン!という青空が楽しめます。

冬は一転して冷え込む日々が続きます。また、朝方は濃い霧が発生します。霧は10時ごろになると晴れる事が多いです。

99-2

旧市街全体が世界遺産に登録されています

サラマンカにも世界遺産があります。それが、Cidad vieja de Salamanca(サラマンカの旧市街)です。

サラマンカは人口の多い地方都市なので、駅やバスターミナルの方など近代的な新しい地区もありますが、旧市街は石畳のこんな感じです。

99-4

何かのイベントで馬車が置いてあったのがそれっぽすぎですよね…

観光地は旧市街にすべて収まっているので、中世のヨーロッパの街並みを心ゆくまで堪能できるはずです。

適当ですが囲むとこんな感じでしょうか。広く見えますが、川のあたりからグランビアの出口まで徒歩で20分ほど。サラマンカ観光は徒歩で十分です。

学生の町です

サラマンカには大きな大学が二つあります。その中でもサラマンカ大学はスペイン最古の大学として有名で、スペイン中のみならず、世界中から学生が集まります。

99-5

サラマンカ大学のファザード(建物正面の装飾部)

学生が多いということは、若者が多く活気のある町だということです。若者向けのファッションブランドのお店もあるし、安くて美味しい店もたくさんあります。

マジョール広場では9月に新入生を迎えるイベントや、大学生が帰省するクリスマス前に大晦日と新年を祝うNochevieja universitaria(ノチェビエハ・ウニベルシタリア)というイベントも行われます。サラマンカに住んでいると、つくづく大学があってこそなのだと感じます。

99-6

そのため逆に、彼らが帰省している夏休み中は観光シーズンにもかかわらず、普段よりも人が減ります。

スペインで一番標準的なスペイン語が話されてる地域です

スペインも広いので、話されている言葉には地域差があります。標準スペイン語とは違う言葉が共通語とされている地域すらあります。

一般的にスペイン語と呼ばれているこの標準スペイン語のことをCastellano(カステジャーノ)と呼ぶのですが、サラマンカはスペイン中央部のカスティージャ・イ・レオン州に属しています。

その名の通り、カステジャーノのお膝元。教科書通りのスペイン語です。個人的には発音が綺麗という言い方は嫌いなのですが、留学のパンフレットにはそう書かれていることもあります。

耳が慣れているというのもありますが、旅から帰ると、サラマンカの人の言葉って聞き取りやすいなあと思ってしまいます。

バルの多い町です

サラマンカは、人口に対するバルの数が多い町としても有名です。どの通りを歩いても一軒はバルがあり、バルの多い一角というのもいくつもあります。

昔ながらのお店もたくさんありますが、綺麗で明るいバルも多いので観光客にも優しいです。

派手なわけではありませんが、見栄えが良くて分かりやすいバルが多いのも我々にとってはありがたいところです。バル巡りのために一泊二日くらいしてもいいんじゃないかと本気で思います。

99-7

スペインで一番綺麗なマジョール広場があります

マジョールとは、スペイン語で「より大きい(大きいの比較級)・最大の」というだけで、とりたてて重要な意味を持っているわけではありません。言ってしまえばその町で一番大きい広場程度の意味合いです。

というわけで、スペインには数え切れないほどのPlaza Mayor(マジョール広場)があります。その次はスペイン広場が多いはず。

わたしもいろんなマジョール広場を見ましたが、間違いなく、サラマンカのマジョール広場がスペインで一番綺麗だと思います。夜、暖かいオレンジの光にライトアップされるのが、言葉にできないくらい美しいのです。

私は学校に通うために毎日のように通っているのですが、なんだか贅沢ですね。

99-8

何気なく過ごしている時間がとても幸せです。

基本的な情報はこのくらいでしょうか。

地方の小都市サラマンカについてこれくらい知っておけば、スペイン通を名乗れるはずです。続いて観光地と美味しいものを紹介していきます!

フォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です