好きなことが同じ人と話そう。人生初・スペインに行きたい仲間とお話ししました。

周りに、同じことに興味を持っている人はいますか?同じものを好きな人と、それについて話してますか?

身の回りには海外に行きたい人なんてもう皆無のnao@suiheilineです。どうも、こんにちは。

好きなもののこと、自分のやりたいことを話すのは楽しいですね。私は最近知りました。

ちなみに私の周りには海外に対して旅行先という以上の興味を持っている人がほとんどいないので、私が好きなスペインについて話しすぎると一方的で空気の読めない人になります。空気が読めないのは今更かもしれませんが、お互いに楽しめるのが会話の基本ですからね。それくらいは私も知ってます。

好きなものの話をするのであれば、やっぱり好きなものが共通する人と話すのが一番です。その方が楽しいもんね。

些細なことにも共感してもらえます

スペインバルに行ったらビールの銘柄で話して、メニュー表のスペルが気になって、ラテン系はタコを食べるからいいですよね、とか語り合いたいじゃないですか。そんなことスペインに興味のない人の前で言ったら、共感なんて得られるわけないし相当浮きますよ。

camrero(ウェイター)ってお酒を見つけて黙っていられなくなっちゃったりするので、いつも我慢できるわけじゃないんですけどね。viajero(旅人)はかっこいいから良しとして、camareroって。なんでそんな名前なの、もしかしてcamareroには辞書に載ってないニュアンスがあるの?気になるよー。

でもそんなこと言い出すのはどうかと思うんですよ。ただの知ったかか!ってなるでしょ。反省は、してますよ…でも、わかってくれる人の前で言ったら「ほんとだ、なにこれ!」とちょっと盛り上がれること間違いなしなんです、たぶん!

※注 camareroという名前はあんまりなので、camalero(ペルーのスペイン語で屠殺人という意味。ロック?ですね)じゃないかとも思ったのですが、camareroであっているようです。チリのワインでした!ラベルが可愛いです…。ちなみに私はお酒を一切飲みません。

新しい発見があります。そして興味が広がります

同じものが好きでも、その人は自分とは違うところが好きなのかもしれません。正確にぴったり興味の人なんていません。たとえば私はスペインの人と気候と食べ物が好きですが、他の人は建物や多様性、もしかしたらフラメンコやスペインギター、サッカーに興味があるのかも。私はスペインサッカーに嵌りきっている方とお会いして、定住したらその土地のチームを応援するんだと決めました。

そういう人と会うことで、自分の見ていなかった面を教えてもらえます。そしてきっと、もっともっと好きになる。自分では調べないかもしれないけれど、人の話だったら自然と聞くことができます。もしすごく興味を惹かれなくても、自分の中に何かは残る。その話題になった時、音楽が聞こえた時、ニュースをみた時、その人のことも一緒に思い出すでしょう。

一人は一人で大変楽しいですが、中には一人より二人の方が楽しいこともあります。もっと大人数の方が、ということだって。

自分で解決のできる問題です

自分の可能性を広げるためにも、人と会うことはいいことです。そして私のように周りに仲間がいないとがっかりするなら、その前に自分が動きましょう。自分の現状は、自分に責任があるのです。

話してみたいという以上の理由も、遠慮も必要ありません。ネット上であれば、気に入らなければ無視をすればいいだけなので、すごく迷惑をかけることなんて稀です。

少なくとも私はtwitterとかで交流できたら超嬉しいですよ。スペイン仲間もっとほしいです。アルゼンチンもメキシコも興味あるので、スペイン語圏だったらスペインじゃなくてもウェルカムです。

必要なのは、ちょっとの勇気と好奇心だけ。迷っているなら、その時間はむだなので連絡してみましょう。すげなく断られたら、無視されたらそれで良いじゃありませんか。それよりも得るものの方が大きいです。一ヶ月前までネット上でですら引きこもり(SNSをやっているのに他者と交流を避けている人)だった私が言うんだから間違いないです。少し声をあげただけで、劇的に変わりますよ。

とりあえず軽い気持ちで連絡してみましょう、気になる人とこんなに簡単にコンタクトをとれる環境があるのにもったいないです。ちょっとの勇気を出しましょう。私も苦手だけどがんばります。

9

そういうわけで、私も気になるあの人にお会いしました

私は一年くらい前から、たろうさんという方のMy Third-placeというブログをよく見ていました。同じような年齢で、同じようなことを悩み、同じ目的地をめざしている彼のことを他人事と思えなかったのです。(あまりにも被りすぎて、もしかして私なんじゃないかと思ったこともしばしば)

そのたろうさんが、10月にこんなことを言っていました。

数日前にとあるブログのオフ会に参加してちょっと気の大きくなっていた私は、これ、行くしかないじゃんと思いました。で、勇気がくじけないうちにtwitterで連絡してみたのです。

スペインに行きたい人との遭遇 @渋谷ヒカリエ

私は今まで、スペインに行きたい人と会ったことはありませんでした。「身の回りにいなければネット上で探せばいいじゃない」って上の方で偉そうに言っておいて舐めてるんかという感じですが、昔は、いや今でもですけどその手のことがすごく苦手なんです。ごめんなさい、努力はしています。

フランスとか、ドイツとかアメリカなら興味のある人も近くにいたんですけどね。最近は日本からの観光客が増えているようですが、スペインっていまいちマイナーだったみたい。

なので、がっつりスペインの話をするのはこれがほぼ初めて。しかも場所はもう場違い感満載のキラキラした渋谷・ヒカリエ。どうなることか、と思いながらお会いしたたろうさんは、初対面でいきなり10分遅刻した私を寛容にも許してくれる、心優しき眼鏡男子でした。

こういうのって、本当に案ずるより生むが易しですね。最初は不安でいっぱいでしたが、私の夢のことやらサッカーのことやら、楽しくお話をさせていただきました。おかげで新たな可能性も浮上しました。ほんとにスペイン好きだな、早く行きたいな、という気持ちを再確認させてもらった時間でした。

初めて声に出して話したこともたくさんありました。話せてよかった。やっぱり行ってよかった!

たろうさんは私より3ヶ月早くスペインに行き、そのあとドイツに向かわれるそうです。後輩として、いろいろアドバイスをもらおうっと。

最後に、次は海外でお会いする約束をしました。その日まで、お互いがんばりましょう。

ではまた。

私の愛読するたろうさんのブログ、My Third-placeはこちら

フォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です