帰ってきたらMacが超熱かった話。ブロガーの皆様いつもありがとうございます

21-1

パソコンを初めて触った頃より10年あまり。私の中でパソコンといえば長年Windowsだったわけですが、今年の10月にMac book proに変えたんですよ。初Macに初SSD。もう静かすぎて超感動でした。今も毎日感動しています。

こんにちは、nao@suiheilineです。もちろん今朝も感動しながら家を出ました。

が。

帰ってきたらなんか部屋の様子がおかしい。いつもは耳鳴りがしそうなレベルに無音なのに、今日はなんだか隙間風みたいな音がする。通風孔かな?うん?風は強かったっけな?まさかMacじゃないよね。だってうちのMac超静かでいい子だし…いやまさかね、うん。まあでも一応様子を見ておこうかな…念のためにね。

な。ええ、えええ!!??

Macがしゅんしゅん音を立てていて、しかもめっちゃ熱い!!

なんで!?今まで毎日可愛がって、毎日優しく(トラックパッドを)撫でてあげてるのに、反抗期なの!?

プチパニックに襲われながら電源ボタンで強制シャットダウン。

とりあえずいつもの無音になる。ふう…

たすけて先生!

で、私のMacの中身はだいじょうぶなの!!データ飛んでるんじゃないの、もう電源つかないんじゃないの?google先生助けて!

「Mac 帰ったら 異常発熱」

ほらよっと出てきたのがこちら

完璧にこれだぜ。

なになに…裏側に排気口があって、スリープ状態の時にそれがふさがれるとこんな状態に…?そんなの見たことないよ、と裏を覗いてみたら…な、なにぃ!?このスリットがそうだったのか!

21-2

袖の毛玉がはずかしい。

私は通常Macを保護ケースの上に載せたまま椅子の上に置いて、そして床に座布団を敷いてブログを書いたり写真を編集したりして遊んでいます。

で、出かけるときはMacに保護ケースの蓋をかけて(こんな風に↓)、さらに座布団をぽいっとのっけて家を出ます。

21-4

もちろんMacはスリープ状態です。(SSDの起動の速さを実感したいもんね)

いや、これだね!これが悪かったんだね!

Macにとっては虐待みたいなもんですね。熱中症状態というか、風のないあっつい日に外走らせておきながら水を与えないみたいな。知らなかったとはいえ、いままでごめんね…

5分ほどおいたらいつものクールなMac(ひんやり)に戻りました。一安心です。

それにしてもインターネットって便利ですわ

今の困った状況をgoogleで検索すると、大抵の疑問が解決されるわけですよ。私のパニックも5分で収まるよね。10分後にはこの記事書いてるもんね。

これが20年前だったら、朝まで待ってカスタマーサービスに電話だよね。もしくは詳しい人に電話してみるか。詳しい人いないけどね。とにかく時間がかかる。

現代だったら5分だ。場合によっては1分もかからない。こんな即時応答の時代に生きていたら、人が待てなくなっているのも理解できるわ。なんて便利な世の中でしょう。

21-3

また電源を入れたらちゃんと動いた。どこも異常はなかった。よかったよかった。

で、結局どうすればいいのかな?いちいち電源を切るべき?保護ケースを取り払うべき?座布団どけたら大丈夫?

うーん…

よーし、ケンサクダー!

これは…ちょっと違うかな。役立ちそうだけど…

うん?これほんと?

ブロガーの皆様、毎日無知な私にいろいろ教えてくれてありがとうございます。(低頭)

これからは私が役に立てるようにがんばれるといいな。(希望)

一件落着。

それでは。

フォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です