2016年1月から寿司職人の専門学校に通う私がホリエモン氏の「10年修行するのは馬鹿」について考えてみた

ご存知でしょうか。ホリエモンこと堀江貴文氏が「寿司職人になるのに10年も修行するのは馬鹿」なんて発言をされていたのを。一時期話題になったらしいですね。私は知らなかったけど。

ご存知でした?私は来年の頭から話題の2ヶ月時短コースに通うことになっているんですよ。こんにちは、nao@suiheilineです。

私はホリエモン氏には今まで全然興味なくて、なんか頭の良さそうな犯罪を犯した人という程度の印象しかありませんでした。なので、ネット界隈で今も元気にやっていることも、この寿司職人発言のことも、知ったのはかなり後になってから。学校に行こうと決めた後だったと思うので、今年の8月くらいにネットニュースを見たのかな。

私はホリエモン氏の発言を実行しようと思っている人間なので、ホリエモン氏には基本的には賛成できる立場だと思うんですが、どうなんだろう。いま私の思っていることを書いておこうと思います。

と思ったけど、ソースが少ないので軽く想像してみた

上記発言があったのは2014年12月のようです。もう1年も前ですが、2015年の10月にも反論めいたものを書いているそうです。なので最近のニュースが多いです。twitterのまとめみたいのないのかなって思ったんですけど、ないのね。バイアスのかかりまくったネットニュースしかないんだけど、そこから読み取れるホリエモン氏の発言をまとめてみた。

氏曰く、

①「コロンビアに寿司店を開きたいがどうすればいいか」という質問に「寿司アカデミーの二ヶ月のコース行けば全然オッケー、あっちの資産家に話持ちかければ開業資金もいらない」

②「10年も修行をするなんて馬鹿」

③「飯炊き3年握り8年」(飲食業界からの反論)に対して「イケてる寿司屋はそんなことしない。センスが大事」

④「炊飯の水加減や握りを覚えるのに何年もかけるなんて馬鹿」

⑤「見習い制度なんてただの搾取」

⑥「ラーメン屋も長い修行はいらない」

こんなところでしょうか。言葉がやたらキツイのはまあこの人の芸風なので置いておきましょう。

19

貼る画像がないので丸々とした狛犬のお尻をどうぞ。

①「二ヶ月の寿司コースに行け。資産家を捕まえれば開業資金もいらない」

これは明快ですね。コロンビアで寿司屋をやりたいならそれが一番だと思いますよ!私も。

だって、目指す先は銀座の客単価二万円の、思わず原価率を知りたくなるような超高級寿司屋じゃないんですよ。コロンビア美女と酒の飲めるJAPANESE SUSHIYAな訳です。そんなところで超高級な日本の伝統食・寿司を作ってどうするっていうんでしょう。日本の一流がコロンビアでも一流とは、やっぱり限らないんです。やっぱりカリフォルニアロールだよね!(私はアボカドは嫌いですが)

海外には寿司屋がいっぱいあるけど、それは日本人経営じゃないものも多いんだって。私は前、日本人がやってるのかと思ってた。すげーバイタリティあふれる日本人がやたらといっぱいいるんだなって思ったけど、そうじゃないみたいです。よく考えたら日本にも日本人がやってるイタリアンのお店が溢れてるんだから当たり前ですね。

そうなると、日本人であるということだけである程度の付加価値を得ることができるはずなんです。イタリア料理の厨房にイタリア人のおっちゃんがシェフのかっこして立ってたらちょっと箔がつくじゃないですか。もしかしたら、料理してるのはその人の日本人の部下かもしれないのに。

だったら、その価値を利用した方がいいです。技術が最低限あればそれでもいけるかもしれない。まあ既に先んじられてますしね。

②「10年も修行するのは馬鹿」

調べてて分からなくなってしまったんだけど、この発言いつあった?それとも、他の発言を加味しての意訳みたいな感じなのかな。まあいいや。

10年修行するのもひとつのやり方かもしれない。でもそれよりもいいやり方があると思うよ、無駄がなく早く目的を達成できるからそっちの方が良いよということでしょう。

2ヶ月で技術だけ教えてもらって、後は実地で勉強しながらやるのもいいでしょってことです。目指す先は銀座の寿司屋だけじゃないでしょ。ファストフードとかコロンビア寿司を目指したっていいと思います。巧遅は拙速に如かず。

行く先が何通りもあるんだから、アプローチの仕方だって何通りもあっていいはずです。ホリエモン氏も馬鹿とまで言う必要はない(というかやっぱり失礼だ)けど、そればかり捉えて中身を考えないのもどうかとは思う。

③「イケてる寿司屋はそんなことしない、センスが大事」

確かにセンスは大切だと思います。料理でも芸術でも音楽でも、普通の人はどれだけ時間をかけて努力をしても、そこそこ以上のレベルにはなれません(料理におけるそこそこは、星はもらえないけど普通にお店がやれる美味しさとします)。どれだけ時間をかけたって全員はそのレベルまで到達できません。

そこまで行けないのは努力が足りないからだ!っていう向きもありそうですが、努力したって無駄なことはあると思う。

同じことをしたって、全員が同じレベルに到達するのは絶対に無理です。そこそこにしかなれない人はいます。というか、何人もいれば突出した人も出てきますというべきか。たぶんその人は特別な何かを持っている。

裏を返せば、普通の人も必要なことをやればそこそこまではいけます。だからそこそこに辿り着くまでに無駄に時間をかける必要はありません。必要なものを、最短で手に入れる方法をとれば良いんです。

それにしてもイケてる寿司屋ってどんな寿司屋だろう。行ってみたい。私もイケてる料理屋を目指したいけど、センスは自信ないな。

④「炊飯の水加減や握りを覚えるのに何年もかけるなんて馬鹿」

この辺りからコロンビアで寿司という前提が薄れて、業界全体の批判にシフトしてきました。まあ、一理あるかも。

確かに時間を掛けないと学べないこともあります。それはわかる。でも10年って、それだけかけて初めてスタートラインって、やっぱりちょっと要領が悪いような気もする。たぶん覚えること自体は、10年もかけなきゃ覚えられないことではない。

それを認めないのには感情的な理由もきっとある。無駄って言い切ってしまうということは、誰かの行為をそのまま否定してしまうということだから。でも、一つだけしか認めない、それ以外のやり方なんて全部偽物で三流だ!なんていうのもちょっと狭量すぎると思いますよ。

時間をかけなきゃいいものはできない、と言いたい気持ちも理解できます。世間的に手間隙かけた、という表現が好まれるように、時間をかけたもののほうが価値が高いような気はする。実質的な違いはどうあれ。

でも私は、正直ものを食べるときにそんなことを考えたことはありません。カウンターのお寿司に連れていってもらったこともありますが、目の前の職人さんがどれだけの修行を積んで苦労をしてそこにいるなんて、全く興味がありませんでした。もちろん美味しかったけど。

10年もかけて得られるものってなんでしょう。そしてそれに、10年かけるだけの価値があるのか?それってただの自己満足なんじゃ?時間はもっと大切なことに使おうぜとホリエモン氏は言いたいんでしょう。

⑤「見習いなんてただの搾取」

うーん。実際を知らないので難しいところですが、もちろんその人の職人としての未来のために厳しく暖かく接してくれる親方?もいるでしょう。でもきっとそんな気持ちで見てくれる人だけじゃない。安く便利に使ってる人も絶対いる。だって修行のつもりでこっちもやってるんだから、多少理不尽な目にあっても我慢するし。

その道の達人だから、長くやってきた職人だから、職人気質な聖人に違いないというのはただの思い込みです。都合良く下働に使えばいいって思ってる人も多分いる。

私今ふと思ったんですが、銀座の寿司屋が二万円とるのってこの見習い時代の投資(=搾取)を回収するため?

私が「1年目は床磨き、2年目は皿洗い、独立までには10年かかる」とか言われたら絶対やらないよね。もう修行とかしないで開店しちゃえばいいかなって思うよね。

10年やったって開業できる保証はどこにもないし、できなくても誰も責任なんてとってくれない。10年その道しか知らないで生きてきて、もし適性がなかったらキツすぎる。私はやっぱりやーめたって言えるくらい身軽な方が好き。

だからいつか私がやっぱりやーめたって言っても怒らないでください。

⑥「ラーメン屋も長い修行はいらない」

まあ寿司がそうなんだから、ラーメンもそうでしょうね。というか、なんでもやっぱりセンスじゃない?あとバランス感覚とか、運とか。味がそこそこなのにうまくいってる店も、超うまいのに儲かってない店も、腐るほどあるよね?

やっぱり大切なのって味や技術だけじゃないと思うよ。立地も大切だし、居心地の良さとか、お店の人がどんなかとか、他の要素もすごいあるよ。

結論。もう別になんでも良いじゃん

自分に何が必要なのか考えて、必要なことだけを飲み込んでさっさと次のステージに進んだほうが良いと思う。私はそう考えているから、2ヶ月でいきたいと思っている。

でも、人にはそれぞれの目標と行き先があって、10年と2ヶ月、どっちが正しいとか良いとか悪いとかって、決められることじゃないんです。どっちも正しくて両立させることができるはずなんです。

誰の選択も否定しなくて良いじゃん。隣の人なんてどうでもいいじゃん。仲良くやろうよ。

あれ、もしかして中庸な意見を書くのはどっちつかずでダサいことなの?だから書かないの?どっちかって言わなきゃだめ?だったら10年修行とかバッカじゃねーのっていいますけど。

だけど私は誰がどんな手段をとろうが本当にどーでもいいと思うよ。

すごくとりとめのないことを書いてしまったけれど、うん。振り返らない!

ではまた!

フォロー

コメント

  1. chanbei より:

    ブログ、たまに拝見してます。 
    というのも、私と似ている点がいくつかあったので。

    もちろん人それぞれ目標や夢は違いますが、私もホリエモンの意見に賛成です。
    実際、私も寿司アカデミーに行こうとしましたが、別の方法で技術を身につけました。
    長くなるので割愛しますが、短期間で習得するなら学校にいくのが効率的だと思います。
    頑張ってください

    • nao より:

      こんにちは。
      今までで一番早まったというか、そろそろ消しちゃおうかなと思っていた記事だったので、コメントがついたよ!というメールが入った時は正直開くのが怖かったです(申し訳ありません)。
      が、励ましてくださって本当に嬉しいです。ありがとうございます。
      がんばりますよー!まずは家探しを…!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です