バスで行くスペインの旅。バスの乗り方まとめ!

広いスペインを旅するときに使えた方が良いもの、それが長距離バス!スペインにももちろん電車はありますが、チケットは高いし本数は少ないし路線も日本ほど多くないし、あまり便利なものではありません。

こんにちは。先日の一人旅で、けっこうスペインのバスには慣れたnao@suiheilineです。

私は電車に乗るのが好きなので、日本では青春18切符で片道4時間の旅をしたり、日帰り旅行を繰り返したりしていました。どこに行くにも、まずは電車の時刻表を調べていました。

が、ここはスペイン。残念ながら電車はあまり頼りになりません。バスを使わなければ、旅は困難になる可能性もあります。

海外×バスって、なんて不安になる響きでしょう。でも慣れれば大丈夫。私も最初はかなりビビってました。

最大手はALSA!

81-1

一番有名で大手と言える会社がALSA(アルサ)という会社です。スペインに個人で旅行に来るなら、誰もがお世話になる会社でしょう。

ALSAはスペイン国内をほぼ網羅している上に、国外へも行けます。都市間を結ぶ長距離バスという印象です。

先日サンティアゴデコンポステラに行った時、帰りのバスはなんとセビージャ行きでした。サンティアゴデコンポステラからセビージャまでは、車で渋滞なしだと約8時間の距離。ほとんどスペイン縦断の旅。

ただ私の乗ったバスはサラマンカまでですら7時間かかったので、セビージャに着いたのは一体いつになったのやら。長距離の場合、3時間か4時間ごとにパーキングに寄ってくれますが、それにしても。

そんなALSA以外にも、Avanza、Cosme、Monbusなど、挙げたらきりがないくらいたくさんの会社があります。

バスの乗り方

基本的にはバスステーションの総合窓口で「ここに行きたいんだけど、どの会社のバスに乗ればいい?」と聞いて、その会社の窓口でチケットを買って乗る、という感じです。

が、乗りたい時に乗りたい方面のバスが来るとも限りません。場所によっては1日1往復しかなかったり、次のバスが5時間後とかも普通にあるので、やっぱり先にバスの会社や時刻表なんかを確認しておいたほうが安心だと思います。

というわけで窓口に行く前にルートを検索しておこう

総合的にルートを検索できるサイトも幾つかありまして、私がよく見ているのは

とか、

です。スペインのみならず国外も検索できるみたいだし、バスだけじゃなくて電車や飛行機のルートも出てきます。

もっとも一部の田舎の村やバス会社には対応していないようですが、観光で訪れたい大体の都市は正確にルートが出てきます。ここを使う前に「目的地+autobus」で検索したほうが良いかも。「Salamanca La Alberca autobus」みたいに。

La Albercaとは、私が最近行きたいなあと思っているサラマンカ近郊の村です。ちなみに上記2サイトでは検索に出てきません…Cosme社のバスで行けます。

私はここで検索したあとに、バス会社のサイトも必ず確認します。あんまり信用していないので。

ルートを検索したら窓口へ

基本的には乗るべきバスは分かっているので、いきなりバス会社の窓口へ行ってチケットを買っても大丈夫ですし、「ここですよね?」的な確認することいいでしょう。

使えそうな文章は以下になります。

  • Quiero ir a ◯◯.(キエロイール ア◯◯)=◯◯に行きたいです。
  • ¿Qué empresa?(ケ エンプレサ)=どの会社ですか?
  • ¿Dónde está la ventanilla?(ドンデエスタ ラ ベンタニージャ?)=窓口はどこですか?
  • ¿Qué número?(ケ ヌメロ?)=何番ですか?

チケットを買う

81-2

スペインで一番一般的なのが、そのバス会社の窓口です。ネットで確認した・もしくは窓口で教えてもらったバス会社の係りの人から買います。

何も指定しなければ、次のバスのチケットを手配してくれるはずです。

  • Una billete para ◯◯, por favor.(ウナビジェテ パラ◯◯ ポルファボール)=◯◯までのチケットを一枚ください。
  • 二枚だったらdos billetes、三枚だったらtres billetes、四枚だったらcuatro billetesと増えます。
  • asiento de la ventana, por favor.(アシエント デラベンターナ ポルファボール)=窓側がいいです

言葉が不安な場合はメモを書いて渡せば大丈夫。内容は、

  • para ◯◯(行き先)
  • 1 persona(人数)
  • asiento de la ventana(またはasiento del pasillo=通路側)

ALSAやAvanzaなど、大きな会社の大きな駅であれば終日窓口が開いていますが、小さな会社の場合はバスが発車する30分前になってようやく窓口が開く、ということもあるのでその場合は不安でも待ちましょう。

小さな駅や早朝のバスだと窓口が閉鎖されていることすらありますが、その時はバスの中で買えるので安心してください。

超大手のALSAやAanzaだと自動券売機がある場合もあります。(多分英語とかドイツ語、フランス語が使えたような気がする…)自動券売機はなぜか人気がないのでおすすめ。

また、ネットでチケットが買える会社もあります。ALSAのサイトはスペイン国内発行のカードのみだったはずなので、残念ながら買えません(Avanzaは使えたような…)。でも、よっぽどの時期(お祭りなど)じゃなければ、当日でも心配ないと思います。

バス停を確認する

無事にチケットが買えたら、自分の乗るバスがどの何番から出発するのか確認しましょう。多くの場合、バスステーションには大きな掲示板が二つあるので、それで確認します。

llegada(到着)とsalida(出発)の二枚があるので、salidaの掲示板を確認してください。あとは、目的地や出発時刻を手元のチケットと照らし合わせます。

81-3

  • destino=目的地(終点)
  • empresa=バス会社
  • hora=出発時刻
  • anden=バス停の番号
  • retraso=遅延

買ったチケットがちょっと先だと、掲示板に表示されていない場合もあります。30分前くらいになったら表示されるはずなので、もう少し待ちます。

まれに、同じ会社・同じ時刻・同じ方面に行くバスというのが存在します(しかも途中下車するので終点を見ても判断できない)。その場合は考えていても仕方ないので、窓口に確認してください。バス会社ではなく、総合窓口の方へ行きましょう。

  • ¿De qué andén sale este autobús?(デ ケ アンデン サレ エステアウトブス?)=このバスは何番から出ますか?
  • チケットを見せると良いでしょう。

81-5

乗れましたね?

あとは目的地までゆっくりバスの旅です。どこまでも続くオリーブ畑、季節がよければひまわり畑、風力発電の風車や大きな牛の看板…バスの窓からだって、スペイン特有の景色を楽しめます。

降りる場所が不安だったら、時計を見ておくか、Google Mapもオススメです。運転手さんや周りの乗客に聞くのも良いでしょう。

  • ¿Aquí es ◯◯?(アキ エス◯◯?)=ここは◯◯ですか?

81-4

その他バスに乗る為に使えるスペイン語

¿A qué hora sale?(アケ オラサレ?)=何時に出発しますか?

¿A qué hora llegará a ◯◯?(アケ オラジェガラ ア ◯◯?)=何時に◯◯につきますか?

¿Este autobus va a ◯◯?(エステアウトブス ヴァア ◯◯?)=このバスは◯◯に行きますか?

Cuando llegue a ◯◯, dígame por favor.(クァンドジェゲ ア◯◯, ディガメ ポルファボール)=◯◯に着いたら教えてください

こんな感じの流れで、スペインのバスが使えるはずです。最初はかなり不安ですし勇気がいると思いますが、頑張ってください!

それではまた!

フォロー

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です